「夏になぜ老ける?」革命的紫外線ケアのお話

皆様 こんにちは!

今年の夏のご予定はもうお決まりですか?

旅行、海水浴、バーベキュー、などなど。「暑い」なんてことは百も承知。今年の抱負を年始に掲げるのと同じくらい、「今年の夏は・・・」と、ある意味目標を立てて実行する方、結構いらっしゃるようなんです。

そして夏に立てる目標は行動に移しやすいもの、そう!「外に出る」ことが上位を占めるといいます。

となると怖いのが「紫外線」。

紫外線の脅威は[耳にタコ]レベルで皆さん、お分かりかと思いますが少しおさらい。

見た目の老化、つまり「老け顔」を創る要因の約70%は紫外線による光老化が原因です。

シワ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴の開き、乾燥

老け顔5大要因の原因が紫外線、ということなんですね。

紫外線には主に真皮層にダメージを与える「UV-A」と、表皮層にダメージを与える「UV-B」があり、地表に降り注いでいるのはこの2つの紫外線。

蓄積型ダメージを与える「UV-A」

真皮層には弾力やハリを生み出す、コラーゲン、エラスチンといった成分を生成している「線維芽細胞」があり、この「線維芽細胞」の働きを」紫外線「UV-A」は低下させます。

更に怖いのは、紫外線の刺激によって発生した「活性酸素」がコラーゲン分解酵素を作り、コラーゲンを破壊し、エラスチンを固めてしまうことで

「肌ががさついて、固い」

といった女性にとってあるまじき症状をゆっくり、じっくり、確実に引き起こすというのです。

短距離型「UV-B」ダメージ

対して「UV-B」は表皮に影響を与え細胞を損傷して火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、炎症やシミの原因のみならず、肌表面の肌細胞やDNAを傷つけると言われています。

「肌が赤くて痛い」「シワシワして年々乾燥が激しい」

と、感じてしまう原因はこのUV-Bの仕業なのです。

 

紫外線は「夏の風物詩」、、、ではありません。

①1年中降り注ぎます。  ※冬は夏に対して「UV-A」が2分の1、「UV-B」は5分の1と、多少弱まります。

②お天気によって「ある程度」遮断されるだけです。雨の日も降り注いでいます。

③雪・砂浜では反射し、水中に透過します。

つまり、「なかなかしぶとくて強いやつ」なんです。

紫外線ダメージケアの救世主 「revol water(レヴォールウォーター)」

紫外線ケアは紫外線を浴びる前、浴びている最中、浴びてしまったあと

の3段階ケアが必要です。面倒でも頑張って。「老けない」ためです。

浴びる前と浴びている最中

日焼け止め果のある化粧品をしっかり塗り込みましょう。首、手足の甲にもしっかり塗布してあげてください。※SPF、PAについては次回のコラムにて

長時間外に外出しているとき(目安3時間以上)は汗などで落ちてしまった日焼け止め効果を、塗りなおすことで取り戻しましょう。ここまでは「ふーん。どこにでも書いてある」的なお話。

浴びてしまったあと

即座に保湿やクーリングを徹底し、その日の日焼けはその日のうちに、できることを最大限取り入れたお手入れをしましょう。そして、ここで心強い味方!

「高機能還元性イオン水」をベースに

お肌の細胞損傷防止・細胞修復・細胞デトックス・細胞免疫力アップ・保湿・抗炎症・鎮静効果を一挙に叶える成分をふんだんに入れ込んだ、「revol water(レヴォールウォーター)」でUV-A、Bによる、現在と未来のダメージをリセット&リカバー!

しかも面倒なパックタイムなどは一切なし!スプレータイプなので簡単シュッと吹きかけるだけ!

冷蔵庫などに入れておいて、帰宅後やお風呂上りに10プッシュほど吹きかけてください。マイナスイオンの力で心も脳もお肌もリフレッシュ!

(炎症が激しい場合や、長時間外にいた場合は、浸透後にもう10プッシュ!)

これ、ホントに実感が自慢の美容液入り化粧水なんです!ホントに凄い!

「肌が滑らかで柔らかくなった」

「日焼け後の赤みの炎症の引きが早い!」

「蚊に刺された後の炎症がおさまった」

「汗で頭皮がかゆくなる季節の必需品!」

「メイク直しの前に吹きかけてティッシュオフ、メイクの持ちが格段に上がった」

高機能エイジングケア成分の精鋭たちの活躍で「夏でも老け知らず」の「お肌を手に入れてください。

精鋭たちのご紹介は随時コラムにて^^

revol water (レヴォールウォーター)

150ml 8,300円+税